COLUMN

回転しない寿司


久しぶりに子供と2人きりの休日。
お昼ご飯をどうするかは重要課題です。
相談した結果、最近リニューアルした回転寿司店に行くことになりました。
回転寿司自体久しぶりでしたが、様子が変わりすぎていて驚きました。
回転レーンが、無い。
ボックス席の横には直線のレーンらしきものがあり
タブレットから注文すると、頼んだものだけがレーンに乗ってやってくる。
これはすごいぞと感心しました。

ファーストフード化した寿司店は回転寿司。ファーストフード寿司は回転するもの。
という刷り込みがいつの間にか定着していたけれど
ファーストフード寿司は「回ることが良い」のではなく「安くて早いこと」が良いのだ。
だから回らなくていい。
「安くて早いこと」が担保できていればファーストフード寿司として成立するし
回転レーンが必要ないので場所も広く使え初期投資額も抑えられる。
ちゃんと考えれば当たり前の話だけれど
「ファーストフード寿司は回転するもの」という刷り込みが
この本質から思考を遠ざけていた最大の原因に違いありません。

自分の仕事にも「刷り込み」はないだろうか?
本質を見逃さないように「刷り込み」をいかに外せるかが大事だなと
バッテラを食べながら思う休日でした。

山田 (・ω・)ノ

一覧